VOICHAT(ボイチャ)|音声コミュニケーションを主軸とする新感覚バーチャルオフィス

確信があるから、前に進める

開発ストーリー

第8回までのあらすじ>

コロナ禍のフルリモートで採用活動を続けるうち、通勤圏内に住むメンバーは半数に。永続的にフルリモートを続けるためのコアツールを自分たちの手で作るべく、ゼロベースで意見を出し合い、常時接続の音声会話ツールという基本路線が決まりました。

※最初から読む場合はこちら
第1回「クリエイティブとリモートワークの土壌」

 


 

フルリモートをずっと続けるために必要な、コアとなるツール「VOICHAT(ボイチャ)」を作る。

そう決めてからは、前だけを見て進みました。

コロナが収束の気配を見せ始める中で、周りからは「リモートワークのためのツールは、もう遅いのではないか?」と言われることもありました。
たしかに、オフィスに戻りたい人、戻したい企業にとっては今さらでしょう。

でも、通勤時間が浮くことによるQOLの向上と居住地に縛られない採用によるチーム力の向上を実感していたわたしたちには、確信がありました。

リモートワークを続けたい人は、たくさんいる。
わたしたちと同じようにVOICHATを欲している人は、確実にいる。

VOICHATは、働き方の常識を変えられる。

そうなったときには、オフィスで働く人たちもVOICHATを使うことになるでしょう。

チームメンバーをVOICHAT担当とそれ以外に再編成し、専任のディレクターとデザイナーとエンジニアを採用して、VOICHAT株式会社を立ち上げました。
親しい知人や関係者へのβ版リリース時の協力依頼も始め、VOICHATはいよいよ飛び立つ準備に入っていきます。

▶▷ 第10回に続く

 

\公式noteやXでも発信中/

公式noteでは、働き方についての対談やワークスタイルについてのコラムを、XではVOICHATの最新情報を発信しています。
ぜひ、チェックしてください。

note:https://note.com/voichat_inc
X(旧Twitter):https://twitter.com/voichat_inc